海外に行くときにはお世話になる外国為替

外国為替は日本の円と外貨、例えばアメリカのドルやヨーロッパのユーロなどの値段のことで、1ドル100円になったり1ドル95円になったりと、常に変動していて、外国為替のレートによっては損をしたり得をしたりすることがあります。

アメリカに行く時には、日本円をアメリカドルに両替して行きますが、そのときの1ドルあたりの値段がいくらになっているかを外国為替で調べて、両替します。

外国為替は、買うときと売るときの値段が違うので、同じ日でも、同じ値段で売り買いは出来ないようになっています。

例えば、1ドルが100円だったとき、1ドルを100円で買います。しかし、その1ドルを今度は日本円にしようとしたら、同じ日でも、1ドルが97円にしかならず、1ドルあたり3円の損失を出すことになります。

そういう外貨と日本円との関係を外国為替と言います。

私は海外に出張や旅行よく行きます。円安ドル高になったら海外のドル建て口座を海外に行った時に使い、円高になったら日本円を外貨へ両替するようにしています。最近では海外のFX業者が登場してきたりして、クレジットカードで入出金ができるのでほんとうに便利なんですよね。

私はXMという会社を利用しているのですが、取引面でもストレス無く、入金・出金の面でも優れているので最近は日本国内の業者よりもよく使ってます。おすすめです。

Leave a Comment