暫くドル高基調が続くのは確実です

為替のドル円の先高期待は強く、昨年の1ドル70円台が歴史的にみても底のようだというのが、市場関係者やアナリスト達のコンセンサスになっています。
現在は97円辺りですが、95円を割ってまっさかさまというよりは、アメリカのごたごたが解決すれば、元のドル高円安トレンドに戻って行くだろうとの見方が大勢です。
為替もいろんな材料で上げ下げしますが、大災害とか、大恐慌とかで、大きく流れが変わることもたまにはありますが、普通はチャートパターンに従って動いてるように見えます。
ですからチャートの勉強して、トレンドをテクニカルに予想した方がいいように思えます。
為替の流れをみていると、誰かが為替のトレンドをよみながら、解説のためにそれらしく下手なシナリオを書いているようにしか思えません。
そして予想が外れると、また誰かが違うシナリオを書き始めて辻褄合わせをするみたいな感じです。
それから考えると、今後何年かはドル高が続くとみていいと思いますが、いつまで続くかと聞かれても、誰も正確には答えられないでしょう。

Leave a Comment